TOP / 教義的資料目次


日蓮大聖人が久遠の本仏であることを簡明に論証する

そもそも、釈尊は寿量品に

■「我成仏してより已来、甚だ大いに久遠なり。寿命無量阿僧祇劫なり。常住にして滅せず。諸の善男子、我本菩薩の道を行じて、成ぜし所の寿命、今猶未だ尽きず。復上の数に倍せり。」

とあり、五百塵点劫 という永劫の昔、しかし、ある時点において「成仏した」ととかれ、それ以前には「菩薩の道を行寺ていた」と示された。
ここの菩薩の道を行じていた時に、仏法があった理屈になる。
その時の仏は誰か?
そしてその時の法は?
実は釈尊一代の仏教ではこの根本的な重大事が明かされていない。
ここが明かされなければ、実は真実の意味での「無始無終・如来常住」などの法義はまだ未完なのである。
ここの所が、仏教を学ぶ全ての宗派が説明しきれていないところなのである。

更に、法華経文上においても、釈尊より、悪世末法での法華経弘通の行者の方が上位者であるとの暗喩が散見される。
その方はどなかと言えば、地涌の菩薩の上首、上行菩薩である。

釈尊の教説は、自ら、成仏した時から、大集経で説かれる、白法隠没までの「有効期限」のある仏法であると、示している。

しかし、その悪世末法で法華経を未来永劫に弘通される上行菩薩は、法華経文上でも釈尊より上位者であるがごとくの表現が随所に示されている。
となれば、その「我本行菩薩道」の修行していた時の「仏」とは誰か?

理の指し示すところ、明白ではないか?

神力品で、釈尊の全ての仏法を相承されて、釈尊の予言通りに悪世末法に出現された上行菩薩こそ、その本地は、久遠元初の本仏であった、ということである。


TOP / 教義的資料目次