釋尊も大聖人も弟子(僧侶)達が葬送

▼「仏教の原点である釈尊の時代、僧侶は葬儀などするべきではないと考えられていた。釈尊自身の葬儀も在家が行った。これは歴史的事実である」 (『聖教新聞』平成四年九月二十七日付)

▲″弟子の阿難(あなん)が釈尊に対して「諸仏のご遺体に対して、私達はどのようにしたらよいのでしょうか」と質問をしたところ、釈尊は「お前たちは諸仏の遺骨の供養(崇拝)に関わる必要はない。」と説かれるが、これは「遺体」ではなく「遺骨」についてのことであり、阿難が再び遺体について重ねて問うと、釈尊は「(遺体を)火葬にすること、そして仏塔・宝塔を造り供養すべきこと」を説かれたのである。″ (詳細『ブツダ最後の旅』中村元訳)
 
 池田大作は、この内容のうち、「遺骨」に関することのみを切り文して取り上げ、歪曲(わいきょく)した。

「お前たち(弟子達)は諸仏の遺骨の供養(崇拝)に関わる必要はない」
との部分を、
「釈尊は、自身の葬儀の一切を在家の人々に任せよと命じた」とずり替えた

 「諸仏」を「釈尊」と限定
「遺骨の供養」を「葬儀の一切」と置き換えている。

在家の者に葬儀を任せた、などとはけっして言われていない。
現に、釈尊のご遺体を火葬する時には、五百人の修行僧が礼拝したのである。


 「釈尊の時代、僧侶は葬儀などするべきではない」とか「釈尊自身の葬儀も在家が行なった」などと言い切っているものの、全くそのような歴史的事実は存在しない。(詳細『富士学報二十四号』仏陀最後の教え 山本法明著)

『宗祖御遷化記録』

創価学会第二代会長戸田城聖氏をはじめ、学会破門以前の学会員は、皆、宗門の導師曼荼羅を奉掲し、僧侶の導師によって葬儀が行なわれていた。
それをどう説明するのか。

 ▲「このほうもんは、しでしをたゞしてほとけになり侯。しでしだにもちがい候へば、おなじほくゑをたもちまいらせて候へども、むげんぢごくにおち候也」(『歴代法主全書』第一巻一八三頁)

 正しい師弟相対の筋目をもって、はじめて生死ともに成仏ができる。